カードローン申込時はココに注意をしておけば安心ができる

カードローン申込時はココに注意をしておけば安心ができる

カードローン申込時の注意点とは

カードローンなら必要な時に、いつでもお金を借りられます。様々な用途に使えるので、日常の様々なピンチの助けになります。

 

カードローンを利用したいなら、申込みが必要です。今は銀行でもカードローンを取り扱いしている時代です。簡単に申込みができますが、申込み前に知っておきたい注意点がいくつかあります。知っておかないとお金を借りられなかったり、思わぬトラブルにあってしまったりする可能性もあるので注意しましょう。

 

自分に適したカードローンを選ぶ

カードローンは消費者金融や銀行で主に扱っています。どこを選んでも同じだと思うかもしれませんが、意外と傾向に違いがあります。最低限銀行系と消費者金融の違いは覚えておきましょう。

 

とはいえ、細かい違いを全て比較して覚える必要はありません。大事なポイントだけ抑えておけば大丈夫です。

 

例えば金利についてですが、銀行系は低く、消費者金融は高い傾向にあります。金利で選ぶのであれば銀行ですが、消費者金融は初めてであれば30日間無利息で借りられる場合もあります。少額でサッと借りるなら消費者金融の方がお得になる場合もあります。

 

営業時間が長いのは消費者金融です。銀行は業務が終わるのが早く、平日でも15時以降に申込みをすると、審査が翌日に回されてしまう場合があります。対応の早さについても消費者金融の方が迅速で、急ぎでお金が必要な人には適していると言えます。

 

また、カードローン申込時には審査がありますが、銀行系カードローンの方が、審査が厳しいと言われています。金利が低いのは魅力ですが、その分融資のハードルは高いようです。

 

消費者金融と銀行系で比べてみると、例えば大手消費者金融のプロミスやアコムに対して、銀行系となるオリックス銀行カードローンの来店不要審査は通過率が低くなっています。特に気をつけるべきはアルバイトやパートの方で、収入の額によっては審査落ちとなる場合が多くなります。

 

 

審査時間を急ぐ場合は連絡を

急ぎでお金が必要な時は、せめて審査結果だけでも早く教えて欲しいものです。審査時間については注意が必要で、最短30分、即日回答と言われても、確実にそれまでに結果がわかるとは限りません。審査時間は長引く場合があるので注意が必要です。

 

審査が長引く要因として、土日など営業時間外で翌日対応になってしまったり、審査機関が混み合っていて時間がかかったり、返済能力の診断が難しく時間をかけたり、といったケースがあります。

 

もしも急ぎで審査をしてもらう必要があるなら、電話などでその旨を連絡すると、優先的に対応してくれる可能性があります。

 

申込み時の申告ミスはNG

自分の名前や生年月日を間違える人はいないと思う人が多いですが、それはカードローン会社でも同じです。しかし実際には、西暦と和暦を間違える、記入ミスなど、申告内容に誤りがあるケースは意外とあります。

 

申告は正確に、落ち着いて行いましょう。申告内容に誤りがあると、審査に時間がかかるだけでなく、それが原因で審査に落ちてしまうケースもあります。特に急ぎでお金を必要としてる人や、審査の不安などで緊張している人は、注意しましょう。

 

カードの受取方法を確認する

カードローンの場合、カードの受取方法は大きく2つあります。1つは店頭受取り、もう1つは郵送での受取りです。カードを受取りに行く時間がとれない人でも、郵送でカードを受取れますし、カードローン会社によってはカード受取前に口座振込の形でお金を借りられます。

 

カードを受取った後は自由に借入れを行えますが、カード受取のタイミングはカードローンの契約を人に見られやすいタイミングでもあります。

 

カードローンの利用を人に見られてもいいのであれば、特に問題はありません。しかし、カードローンの利用については家族または知人に知られたくないと考えている人が多いです。

 

郵送の場合は家族に勝手に封書を開けられないよう注意が必要です。店頭受取りなら、家族が勝手に受取りに行く心配は要りません。

 

店頭の他に契約機でも同様の手続きが可能で、大手有名消費者金融なら各地に契約機を設置しているので素早いカードの受け取りも可能です。すぐにカードを手にして借りたいときには、まずはネットで申込みを済ませた後に札幌市の消費者金融で借りると同じ使い方で、各地に設置の自動契約機を利用すると良いです。

サイトマップ